改善方法盛りだくさん【高血圧で悩む前に取り組もう】

シニア

定期的な尿検査で予防する

普段の食生活が大事

doctor

腎臓病の初期には自覚症状がないのです。そのため気づいた時には悪化しているケースが多いのです。尿の色でわかるといわれていますが、実際には肉眼で尿の異常を見抜くのは難しいです。特に腎炎などは10年間も症状がないまま進行するのです。唯一の予防法は定期的に尿検査をすることです。腎臓病を防ぐには食生活が大事です。罹ってしまった場合は食事療法をすることになります。食事療法をきちんと守れば、健康な人と同じように生活することができます。悪化すると人工透析をすることになりますが、それでも食事療法は続けることになります。食事療法の中心は塩分を減らすことと、タンパク質を取りすぎないように制限することです。そして十分なエネルギーを摂取することも大事です。

糖尿病の合併症に注意

腎臓には体内の老廃物を排泄するという重要な役目があります。腎臓病になるとその機能が働かなくなり、身体全体がむくんでくるのが特徴です。腎臓病にはいくつかの種類があり、多いのが急性腎炎と慢性腎炎です。急性腎炎の特徴は子供に多く発症することです。急性扁桃腺炎や咽頭炎によって熱が出て、それが治ってから10日後に発症するのです。早期に治療しないと慢性腎炎になるので注意が必要です。糖尿病性腎炎というのも増えています。これは糖尿病に罹る人が増えているからですが、5年から10年の糖尿病歴のある人が発症するのが特徴です。合併症の1つなので糖尿病の治療が必要です。人工透析をする人の4割が糖尿病患者というデータがありますので、患者の人は特に注意が必要です。

Copyright©2015 改善方法盛りだくさん【高血圧で悩む前に取り組もう】 All Rights Reserved.